ダンナの結構ムカつく返答

ダンナの好き嫌いが激しいため、毎日食事の用意に苦労している私。これまで好きでOKだったはずのおかずでも、突然「もう飽きた~」と言い出すことも珍しくないため、晩御飯を作る前には、この献立で大丈夫か、必ずお伺い(笑)を立てるようにしています。
しかし、そんな気遣いと苦労にも拘らず、ダンナは「ああ、××(おかずの名前)『で』いいよ」と実に気軽な返事を返してくる。本当に小さいことではあるのですが、その度に「で」って何だよ!と、かなり頭にきます。
「で」ってそんな気軽に言うのならな、一度全部自分で食材を買って一から料理してみろ!と怒鳴りたいところなのですが、おそらくダンナに任せたら、ハンバーグ→焼きそば→カレー…という著しく栄養の偏ったお子様メニューが繰り返されることになるので、怖くて到底言い出せない。くそっ、私が超金持ちなら、ビストロSMAPのメンバーを招いて毎日ご飯を作ってもらうのになあ、と想像(妄想?)して毎日憂さを晴らしています・・・・暗い?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です