旅行というよりは

職場の団体旅行で広島に行った時の話です。関西から広島に行く場合、普通はあまり行った事がない場所へ旅行に行くとなるので、滅多に見れない貴重な体験となるのですが、私の場合は違いました。はっきり言えば、私の場合は旅行ではなく「里帰り」です。
因みに生まれも育ちも今いるところも同じ関西の片田舎ですが、大学時代の4年間だけ広島に住んでいました。平和公園も市民球場もお好み焼きも、あの時の4年間は日常の景色、宮島はちょっと遊びに行く所という感覚になっていました。大学時代が終わって郷里に帰り、10年以上経ったある日社員旅行が広島になりました。正直「旅行ちゃうし」と思いながらしぶしぶ着いて行ったところ、10年ぶりに行った「故郷」は逆に新鮮に感じました。
平和公園も宮島も、何回も行ったからこそ「戻って来たなあ」という感情が込み上げて来ました。気がつけば一番テンションが上がっていました。更に自由行動もあったのでこういう時は本領発揮、地図やガイドブック一切なしの市民しか知らない周り方でメンバーをガイド出来たのは良かったです。もちろん相当喜ばれました。しかも迷う事もないので無敵でした。
旅行といえば知らない土地に触れる楽しさもありますが、過去の古巣に旅してみるのもいいもんだなあと思いました。故郷って離れて分かる良さもありますものね。

続きを読む