初めての小豆島一周

家からほどほど近く、たまに日帰りでサクッと行ける所が小豆島ですが、初めて行った時の大変だった話をします。7年前に大型バイクを買った時、本格的なツーリングをしたいと思い、デビューの地に選んだのが小豆島でした。一度「遠い島」に行きたいと思い、あそこなら一周回るのもすぐだろうし、フェリーで1時間もあれば行けるだろうと、たかを括っていました。
ところが、フェリーの時間も限られており、それを逃すと1時間以上も無駄に過ごす事も分かったので、ホームページを見ながら予め行く所をピックアップしました。
で、現地に着くと、イメージとは違った景色が待っていたのです。思ったより交通量が多く、場所や時間帯によっては流れが悪くなる事もありました。更に一周回ると100キロ以上もある事も分かりました。帰りのフェリー出航時間を決めてピックアップした場所を順番に回るも、一ヶ所の滞在期間を相当短くしないと全部は厳しくなってきました。
結局、初めての小豆島は決めていた場所を全部回れず、志半ばで本土行きのフェリーに乗って帰る悲しい結末になってしまいました。ただ、この経験が後々役に立つわけです。
7年前の旅で分かった事は、島内をたっぷり満喫するには最低一泊は必要なこと、フェリー代は乗用車とバイクでの差額が大きく、バイクなら手軽な予算で行ける事、日帰りの場合は最初から1,2ヶ所に絞ってゆっくりそこで過ごす事、思ったより近かった事などで、これが何年かに一度、定期的に日帰りツーリングに出かけるいいきっかけになりました。今では、組み合わせ方も道順も、時間配分まで分かるようになり、かつての「遠い場所」ではなくなりましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です