東京は遠かった

もう10年程前になりますが、岡山から金曜日の仕事あがりに飛行機で東京に行き、2泊して日曜日の夜に戻ってくる計画を立てました。
目的は、飛行機から岡山花火大会を見下ろし、東京ではとバスに乗ることです。
ところが、金曜夜の空港で飛行機待つこと1時間。岡山は良い天気で花火大会をしているのに東京の天候不良でまさかの欠航です。慌ててなんとか明朝までに東京に着く交通手段を探し、思いがけず寝台列車に乗ることになりました。
2階のベッドにワクワクしながら登ったものの、思っていたより狭くて背の低い私でも頭を打つぐらいでした。ありがたいことにシャワーがあり利用しましたが、シャワーが出る時間が決まっていて、大慌てで体をぶつけながらシャンプーしたのを覚えています。どこでも眠れる方だと思っていたのに、駅に着いたアナウンスや踏切の音に邪魔され、ほとんど眠れないまま東京に到着しました。
はとバスの時間には間に合いましたが、停車する度にエアコンが切られ、どこを観光してバスに戻ってきても暑いことと言ったら殺されるようでした。浅草寺のおみくじが凶だったのも頷けます。都会は省エネエコドライブなんですね。
翌日曜日、表参道で買い物して帰りは無事に飛行機に乗ることができました。飛行機って本当に便利な乗り物だなぁとつくづく思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です